紹介 & NEW!最新記事

このブログの全体構成が分かりやすくまとめてあるので、是非ご覧下さい。

当ブログ紹介

フリーランスになったら屋号入りの名刺を作ろう【安く作成する方法】

スポンサーリンク

フリーランスのYas(@yaschiich)です。

個人事業主として在宅勤務15年の経験や、健康に役立つ筋トレ情報、その他個人的な興味ある事を発信していきます。

フリーランスを始めるに当たり、色々な書類を作り税務署や県税事務所に提出して、晴れて開業したと思います。

次にやる事は営業です。メールを利用した営業もありますが、取引先の開拓の為に会社を訪ねて営業する方法も正攻法として有効だと思います。

その営業で必要なのは履歴書職務経歴書、そして名刺が必要になります。

会社にいれば総務が作ってくれますが、フリーランスは自分で用意しなければなりません。

自分で作るにしろ、業者に作って貰うにしろ、安くて手間の掛からない方法を提案していきます。

スポンサーリンク

パソコンで自作する

僕がフリーランスを開業した15年前、自分でパソコンを使用して作りましたが、デザインも初めから用意されているので、見た目も格好良く出来ました。

メリットとしてまずは1枚試し印刷して、デザインを何度も修正出来る点です。安価なものなので業者相手にああでもない、こうでもないと時間を多く割けません。

そういう意味で納得のいく自作の名刺が出来ました。デメリットとしては名刺作りに労力を割きたくない方にとっては意外に負担が大きいかもしれません。

そういう場合は決められたシンプルなデザインを選び、必要最低限の名刺を作るのが良いでしょう。

またもう一つのデメリットとして凝れば凝るほど費用は高くなります。例えば名刺の紙の品質も電気量販店に行くと様々な名刺用の印刷用紙が販売されていますが、A4サイズでミシン目に沿って切るタイプは安いですが、側面にギザギザが残り、安価な印象が持たれます。

その一方和紙のような凝った用紙は触り心地も良く貰った印象も良いのですが、非常に高いです。この辺はコストパフォーマンスを考えて購入する必要があります。

以下に名刺作成ソフトの有料版と無料版をピックアップします。

使い勝手はあまり変わらないと思いますが、有料版の方がより良いデザインがテンプレートとして用意されているので、凝った名刺を作りたい方は有料版の検討もしてみて下さい。

名刺作成ソフト(有料版)

  1. エーワン 名刺 マルチカード ソフトアイボリー 特厚口 100枚分
  2. エーワン 名刺作成セット180枚分+作成ソフト付
  3. パソコン名刺作成

名刺作成ソフト(無料版)

  1. 名刺を作ろう!
  2. 名刺MAKER
  3. 名刺郎Ver.7 DownLoad版

業者に注文する

僕が開業した当時と比べて名刺作成業者が多くなった事もありますが、だいぶ安く作れるようになりました。

基本的には自作の方が安く作れますが、凝った名刺を自作するよりも、シンプルな名刺を業者で作った方が安い場合もあります。

業者に作って貰う方が名刺の完成度を考えたら自作よりも割高になったとしても、結果的に高い出費ではないかもしれません。

ここで注意点。業者に注文する時は注文フォームに入力して作成依頼しますが、名刺に記入する文字に関しては細心の注意を払う事です。

自作ならばとりあえず5枚だけ作るなど出来ますが、業者の場合は最低数十枚からの注文というケースが多いので、もしも屋号や電話番号、氏名の漢字等が1字でも間違っていたら悲惨です。

後から修正液で消すのも、上からシールを貼るのも渡された側としては失礼にあたる場合もあります。業者への注文の際は気をつけて下さい。

データ入力サービス 一括.jpビジネス名刺専門通販サイト「名刺通販ドットコム」『プリスタ。』
激安名刺印刷!!100枚140円~
大阪市内なら当日お届け。用紙も豊富で高品質! オシャレな名刺を簡単作成!カスタムデザイン名刺【whoo】リピート率6割! 8000種類以上のプリント用紙を扱う紙専門店【松本洋紙店】

名刺交換の基礎

サラリーマン時代に営業等で名刺交換に慣れている方にとってはフリーランスになっても変わりませんが、職種によっては名刺交換をする機会が少なかった方もいらっしゃると思います。

名刺を作ったのは良いが、渡し方、貰い方が分からないという方もいるかもしれませんので、参考になるサイトをご紹介します。

パートナーに手伝って貰って、名刺交換の練習をすると良いかもしれません。

名刺交換のマナー!名刺の正しい渡し方やしまうタイミング

まとめ

まずは形からという言葉もありますが、ビジネスにおいてもまずは形から入るというのも決して間違いではありません。

新入社員の研修で習う事の一つに名刺交換があります。いつの時代になっても社会人としての基礎、マナーは必要なので、フリーランスになったら自分の名刺を作り、営業の場や異業種の交友会やパーティーで名刺交換をして、自分の存在をアピールして頂きたいと思います。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました