紹介 & NEW!最新記事

このブログの全体構成が分かりやすくまとめてあるので、是非ご覧下さい。

当ブログ紹介

退職代行とは?ストレスフリーの選択肢であり自己防衛の手段である!

スポンサーリンク

フリーランスのYas(@yaschiich)です。

個人事業主として在宅勤務15年の経験や、健康に役立つ筋トレ情報、その他個人的な興味ある事を発信していきます。

スポンサーリンク

退職代行とは?

退職代行とは従業員が働く会社に対し、退職したいと希望した時に従業員に代わって退職の意思を会社側に伝えて退職を成就させるサービスです。

私は2度ほど転職しましたが、どちらのケースも初めに直属の上司に退職を伝え、それから社長(支店長)と面接します。そこで退職の意思が変わらなかったら最終的に退職日を決めて、退職願を提出して、退職となります。

僕の場合ですが、初めに上司へ退職の意思を伝えるのが精神的にキツかった記憶があります。

それまでに至るまでの数ヶ月間は、仕事のキツさ、悩み、理想と現実の違いなど色々悩んできた訳です。

悩んで悩んで、悩んだ末に上司に退職の意思を伝えました。そこでは上司から退職しないように留意されます。

1時間は話したでしょうか。それから何度か面接の機会を設けられ、それでも退職の意思が変わらなかったので、その上の役職の方と面接しましたが、今考えてももう経験したくないほど、悩んだ期間と実際に退職を伝える交渉も含めて大変な事でした。

退職代行が必要な理由

本来ならば労働者の権利として自由に退職出来るわけです。もちろん引き継ぎや進行中のプロジェクトをほっぽり出す形で急に辞めるのは社会人として失格です。

切りの良いタイミングを見計らい、上司に退職を伝えても恫喝や強引な引き止めをされると、それまで退職について悩んで来た上に、更に精神的に疲弊してしまうでしょう。

まだこのケースでは自分で伝えていますが、退職が口に出せないほど疲れ切っているケースもあると思います。

この場合、とてつもないストレスにさらされています。このストレスに耐えられれば良いですが、耐えられない程の状況もあるわけです。そういう方の為にもこの退職代行が必要だと言えます。

退職代行のユーザーと会社比較

サラリーマンの年齢層として一般的に15歳から60歳までですが、退職の多い年代を厚生労働白書から見てみましょう。

出典:厚生労働省 年齢階級別転職入職率

このグラフを見てみると、若年層の方が転職する方が多いです。転職には35歳限界説がありますが、確かに35歳過ぎてからの転職が減っていますね。

また退職代行の業者を比較してみましょう。

 退職代行業者代行者料金備考
退職代行サービスのNEXT弁護士¥30,000(税別)退職以外対応(未払い・残業代等)
【退職代行ガーディアン】合同労働組合¥29,800 
退職コンシェルジュ合同労働組合・顧問弁護士¥35,000(税別)返金保証制度、失業手当や有給相談あり
J-NEXT代行業者¥20,000引っ越し・転職サポートあり
男の退職代行代行業者(特急認定)

社員¥29,800

アルバイト¥19,800

返金保証あり、転職お祝い金あり
退職代行コンシェルジュ代行業者・顧問弁護士

社員¥49,800

アルバイト¥39,800

キャンペーン中に¥30,000
わたしNEXT代行業者(特急認定)

社員¥29,800(税込)

アルバイト¥19,800(税込)

返金保証あり、転職お祝い金あり
弁護士法人みやび(旧名:汐留パートナーズ法律事務所)弁護士¥55,000(税込)有給消化・残業代等の請求や交渉あり
退職代行アルマジロ代行業者・行政書士

社員¥29,800

アルバイト¥25,000

返金保証あり

一覧表にしてみると分かりますが、料金に対しての安心感や信用度を見てチェックしてみて下さい。

  • 代行サービスは代行業者弁護士に分かれる
  • 料金は¥20,000から¥55,000程度まで幅がある
  • 退職代行サービスの他に有給消化や給料の受け取りなどオプションか、料金に入っているか確認した方が良い

退職代行利用前に備えること

いきなり退職代行業者に連絡する前にもう一度、自分の立場を再確認してみて下さい。フローチャートにしましたので、活用して下さい。

想定①

よく自分の意思を貫いて退職へ突き進んだと思います。今までの経験は何一つ無駄になりません。ぜひ次のステージで活躍して頂きたいと思います。

想定②

会社に留意されている状態ですが、突破口はあるはずです。会社側との面接は何度もあるかと思いますが、よく考えて行動しましょう。

まず退職代行サービスに申込む前に自分で対処出来る方法を探ってみる事です。まずは専門書で自分で対処出来るか確認をしてみて下さい。

想定③

実際に業者へ問い合わせしてみる事です。相談や問い合わせは無料なので、料金だけでなく、業者からの返答の誠実さを見て決めてみて下さい。

想定④

我慢しきって精神や身体に異常が出てからでは遅いです。他人の力を借りる事でストレスが少しでも少なくなる事が望まれます。

まとめ:退職代行利用前にもう一度考えること

退職を決意した時点で次のステップにいかにスムーズに進めるかというのがポイントです。

スムーズにいかない時点で相当のストレスがかかります。

ここでもう一度考える事は辞める事がゴールではありません。悩み、停滞している状況は不幸な事なので、停滞期をいかに出来るだけ短く出来るかという事に重点を置きたい所です。

一番良いのは退職代行サービスを使わずに、自ら会社に退職意思を伝える事です。これが一番早く、一番道理に合っています。

しかしブラック企業など、不条理な世界もあります。

  1. 会社に辞意を伝えても辞めさせてくれない
  2. 精神的に疲弊し切って会社に行きたくない、上司や同僚に会いたくない

退職代行サービスはある意味自己防衛の手段です。ここで立ち止まり過ぎたり、疲弊し過ぎたりするよりも他人の力を借りる事は恥ずべき事ではありません。

これらを考えて、退職代行サービスを決めて頂きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました