紹介 & NEW!最新記事

このブログの全体構成が分かりやすくまとめてあるので、是非ご覧下さい。

当ブログ紹介

知っているようで知らない?痛みを軽減して歯を治療する方法

スポンサーリンク

フリーランスのYas(@yaschiich)です。

個人事業主として在宅勤務15年の経験や、健康に役立つ筋トレ情報、その他個人的な興味ある事を発信していきます。

この20年は毎月1ヶ月に1度の頻度で歯医者に通うようにしています。頻繁に検査や治療をしているので、麻酔を使うような治療はしませんでしたが、先日歯茎が大きく腫れたので、切開する為に麻酔注射をする事にしました。

この時に子供の頃の記憶を思い出しました。やはり麻酔注射をして貰ったのですが、治療そのものより、麻酔注射の方が凄く痛かったです。

これがトラウマになって麻酔注射に恐怖を覚えるようになりましたが、ある時麻酔注射前のある事で注射が痛くなかった事がありました。それはどんな事をしたのでしょうか?

スポンサーリンク

注射を伴う治療

ある治療の時に、脱脂綿に何か液体を付けて、それを歯茎に塗りました。するとどうでしょう、みるみるうちにその塗った部分がしびれてきました。

その状態で麻酔注射を打つとあれ程痛かった注射の痛みが感じませんでした。その時以来、歯茎に麻酔注射をする時は事前に歯医者さんに注射前に塗るタイプの麻酔をお願いしますと言うようになりました。

最後に歯茎に麻酔注射をしてから20年以上経ちましたが、その時の事を覚えていたので、歯茎の切開前の麻酔注射前に塗る麻酔をして貰い、無痛で治療を終える事が出来ました。

この塗るタイプの麻酔はネットで調べてみると表面麻酔というそうです。対して注射する麻酔を湿潤麻酔と言います。

虫歯に対する治療

注射を伴う治療に対して、虫歯を削る治療でも痛みを伴います。大きく削る治療では神経に障る為に麻酔注射をしてからの治療になります。大抵は麻酔をせずに虫歯を削るので、ちょうど神経に障ると痛みを伴います。

基本的には痛みを我慢するしかありませんが、炭酸ガスレーザーによる治療は無痛という訳にはいかないものの、虫歯を高温で消失させるために痛みがかなり軽減されるそうです。

この炭酸ガスレーザーは歯肉炎や虫歯の予防にも使われるそうで、この治療法をしてくれる歯科医院をリサーチすれば不安な虫歯の治療の恐怖感も和らぐことでしょう。

まとめ

この記事を書くキッカケは複数の知人が最近歯の治療で麻酔注射を伴う治療をしたと聞いて、麻酔注射の前に塗る麻酔は使った?と聞いたら皆使っていないと答えました。

恐らく言えば使用してくれると思うので僕の経験上、どうせ同じ治療をするならばなるべく痛みを軽減した方が良いと思います。この些細な一言で痛みがかなり減る人が増えれば幸いです。

もしもこの先麻酔注射をする注射をするならば、注射前に塗る麻酔をしてくれますか?と一言いってみると良いでしょう。また、炭酸ガスレーザー治療や最新治療をしてくれる歯科医院を幾つかピックアップするので、チェックしてみて下さい。

炭酸ガスレーザー治療・最新治療の歯科医院

炭酸ガスレーザー治療|歯科中橋 : 東京都中野区弥生町2-21-11協和ビル5番館 1階

炭酸ガスレーザー – 豊島区大塚の歯医者|仙田歯科医院 : 東京都豊島区北大塚3-27-16シティコート北大塚1F

秋本歯科医院 : 東京都武蔵野市境1-2-26 3階

ブランパ銀座 ・ 虫歯治療が1日で完了する、通わなくていい歯医者 : 東京都中央区銀座7丁目4−13 銀座 メディカル ビル ANNEX1F

松本市の歯科医院 望月デンタルクリニック : 長野県松本市両島1-13

※アイキャッチはMichal JarmolukによるPixabayからの画像

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました