紹介 & NEW!最新記事

このブログの全体構成が分かりやすくまとめてあるので、是非ご覧下さい。

当ブログ紹介

ドラム式洗濯機には必須!洗濯槽クリーナーのオススメ

スポンサーリンク

フリーランスのYas(@yaschiich)です。

個人事業主として在宅勤務15年の経験や、健康に役立つ筋トレ情報、その他個人的な興味ある事を発信していきます。

洗濯機はどこの家庭にもあると思いますが、乾燥機のついたドラム式洗濯機がかなり普及していると思います。

ウチの洗濯機もドラム式洗濯機ですが、購入して10年位経ちます。まだまだ現役ですが、白い服を洗うと黒いカスのようなものが付くようになりました。

そうなると洗濯機の槽内清掃が必要になりますが、一般的にどのくらいの頻度で掃除する必要があるでしょうか?

どのくらいの頻度で掃除してるか?

客観的な資料はありませんが、我家の頻度として3ヶ月に一度位槽内の清掃をしています。

ネットで調べると2,3ヶ月に一度掃除するという方が多いように感じます。

ドラッグストアで手頃な価格の洗濯槽クリーナーを購入して、つけ置きなしで洗濯モードですぐ清掃が出来ます。

これを使った直後は逆に黒いカスが洗濯物に付きます。これは剥がれた汚れが浮いた状態のものがあるので、洗濯を2~3回やらないと完全には取れません。

その後黒いカスは出なくなりますが、2,3ヶ月するとまた黒いカスが出るようになるので、再度洗濯槽クリーナーを使用するサイクルです。

槽内清掃はこんな感じだろうと思っていましたが、ネットでめちゃくちゃ落ちるというクリーナーのレビューを見ました。

そのレビュー内容として、とにかく黒いカスが落ちて綺麗に掃除できるという触れ込みでした。

価格を見ると1400円位しました。いつも使っているクリーナーの3倍位高いですが、Amazonレビューを見ると高評価だったし、効果が1年との事だったので、コストパフォーマンスを考えるとむしろ安いかもしれませんので、早速1つ購入しました。

30分ほどつけ置きをしてから、洗濯機の槽洗浄コースを選んでスタートさせます。

時間にして3時間位で終了しました。今回は排水ホースの先に目の細かい網を付けておきました。その網を見ると当然の事ながら黒いカスが沢山ありましたが、驚いたのが3ミリ位の粒上の汚れまで取れました。

通常の洗濯槽クリーナーよりも汚れの取れ方が半端ないです。この取れ方をみると本当に1年に1回で済むかもしれません。

現在そのクリーナーで清掃してから半年位経ちますが、まだ黒いカスが出てません。

1年経たなくても、また掃除したいなと思いますが、5年以上洗濯機を使っている家庭はこの強力なクリーナーを使用する事をオススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました