紹介 & NEW!最新記事

このブログの全体構成が分かりやすくまとめてあるので、是非ご覧下さい。

当ブログ紹介

【筋トレ】ベンチプレス120kg・スクワット125kg

スポンサーリンク

フリーランスのYas(@yaschiich)です。

個人事業主として在宅勤務15年の経験や、健康に役立つ筋トレ情報、その他個人的な興味ある事を発信していきます。

スポンサーリンク

<03月20日のワークアウト>

■ベンチプレス(ブランク:中4日)

60キロ × 5回(ウォームアップ1・止有り)
80キロ × 3回(ウォームアップ2・止有り)
100キロ × 3回(ウォームアップ3・止有り)
110キロ × 2回(ウォームアップ4・止有り)
120キロ × 2回(ウォームアップ5・止有り)
120キロ × 8回(メイン・止無し)

■スクワット(ブランク:中6日)

60キロ × 5回(ウォームアップ1)
100キロ × 3回(ウォームアップ2)
120キロ × 2回(ウォームアップ3)
125キロ × 3回(メイン1)
125キロ × 3回(メイン2)

ワークアウト時間:45分間

トレーニング後記

3月に入り3度目のジムでのワークアウトとなりました。

前々回にスクワットを4ヶ月ぶりに行いましたが、スクワットに対して身体が多少慣れたので今回のスクワットは楽しみにしていました。

ジムでの始めの種目はベンチプレス。肘の絞り方で試したい事があったのでウォームアップの時に試してみました。

最近のベンチプレスフォームは肘を開き気味でやっていたので、今日は絞り気味でやってみました。

頭側に軌道をずらせるので、回数が少なめならば肘を絞ったほうがやりやすかったです。ウォームアップでは止有りなので、尚更肘を絞ったフォームの方がストロークは長くなりますが、力の出やすいフォームかもしれません。メインセットでは開き気味に戻して回数を目指しました。

次はスクワット。前回のメインセットが120kgだったので、今日のメインセットは130kgにするか迷ったし、ウォームアップ時の120kgが軽かったですが、慎重に125kgにセット。

無難にクリア出来ましたので次回は130kgにセットします。

昼休みの空いた時間帯だったので45分以内にトレーニングが終わりましたが、夕方の時間帯はジムが盛況になるので、次も空いた時間を狙ってトレーニングしたいと思います。

今日の動画

今日のオススメ動画です

日本陸上界のレジェンド、やり投げの溝口和洋選手の動画です。

現役時代、誰よりも筋トレをして世界の頂点に立ちましたが、その内容は驚愕の一言です。

その内容として、筋力トレーニングは毎日行い、時間は12時間、ベンチプレスに至っては100kgを1000回との事。

100kgを1セット20回やるとして、50セットやらなければ1000回こなせません。

同じ部位は連日こなさないと思いますが、それにしても毎日筋トレするとは信じられません。

常人と違った事をやらないと頂点にたてないのですね。決してマネ出来ません。

別運営ブログ人気記事

1. プロレスラーのトレーニングはホント凄いです!

2. 強者人物伝 アンディ・フグ選手のカカト落としは忘れられない

3. 力の入れ方-スクワット編

100kgを挙げるシリーズ

その1:セットの組み方

その2:ピーキングのやり方

その3:ケガを防止しながらトレーニングする方法

その4:筋肉をつける食事とサプリメント

その5:パートナーと作り上げるトレーニング

その6:自宅でのトレーニング

にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ

壁を乗り越える!30セットトレーニング

【データベース】ベンチプレス30セットトレーニング

ベンチプレスの参考本

ベンチプレス 基礎から実践―ベンチプレスが誰よりも強くなる〈vol.1〉 (ベンチプレスが誰よりも強くなる! vol. 1)

ベンチプレス 基礎から実践―ベンチプレスが誰よりも強くなる〈vol.1〉 (ベンチプレスが誰よりも強くなる! vol. 1)posted with amazlet at 12.01.19東坂 康司 体育とスポーツ出版社 売り上げランキング: 195098 Amazon.co.jp で詳細を見る

ベンチプレス フォームと補助種目―ベンチプレスが誰よりも強くなる〈vol.2〉 (ベンチプレスが誰よりも強くなる! vol. 2)

ベンチプレス フォームと補助種目―ベンチプレスが誰よりも強くなる〈vol.2〉 (ベンチプレスが誰よりも強くなる! vol. 2)posted with amazlet at 12.11.14東坂 康司 体育とスポーツ出版社 売り上げランキング: 59407 Amazon.co.jp で詳細を見る

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました