紹介 & NEW!最新記事

このブログの全体構成が分かりやすくまとめてあるので、是非ご覧下さい。

当ブログ紹介

日ハム清宮選手が右手有鈎骨を骨折。復帰時期はいつになる?

スポンサーリンク

フリーランスのYas(@yaschiich)です。

個人事業主として在宅勤務15年の経験や、健康に役立つ筋トレ情報、その他個人的な興味ある事を発信していきます。

プロ野球のオープン戦が2月23日から始まりましたが、日本ハムの清宮選手が3月3日の札幌ドーム、DeNA戦で右手首を痛めて途中退場しました。

今年のオープン戦では清宮選手の好調ぶりが伝えられていただけにオープン戦早々の戦線離脱は悔やまれます。

3月3日どういった状況で怪我をしたのでしょうか?

スポンサーリンク

3月3日札幌ドーム DeNA戦

九回1アウトに清宮選手の打席が回ってきました。DeNAの三嶋投手の2球目を打った所ファウルになりましたが、その直後に清宮選手は痛みを訴えて退場しました。

翌日に東京都内の病院で検査を受け、右手首付近の骨折と発表されました。その骨折部位は右手有鉤(ゆうこう)骨との事ですが、画像で詳しい箇所を見てみましょう。


有鈎骨(ゆうこうこつ、有鉤骨)(羅名hamatum Os,hamatum)とは、四肢動物の前肢を構成する短骨の一つである。
ヒトの有鈎骨は、左右の手に1本ずつ存在し大菱形骨小菱形骨有頭骨とともに遠位手根骨を構成している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

手には、手根骨といった小さい骨が8つありその一つが有鉤骨になります。

野球の場合、打者がバッティングの際にバットにボールが当たった衝撃が、グリップエンドを通じ手のひらに加わり骨折することが多いようです。

右打者は左手、左打者は右手を負傷することが多いです。

引用ブログ:K supportより引用

リハビリ・復帰時期

3月5日に東京都内の病院で右手有鈎骨の骨片摘出手術を受けました。

通院治療をして、3月12日より千葉県鎌ケ谷市の球団施設でリハビリ予定となります。復帰まで約3カ月かかる予定との事です。

過去に有鉤骨骨折したプロ野球選手

日ハムの中田翔選手、ヤクルトの小川投手、巨人の原監督がこの有鈎骨骨折を経験しています。

プロ野球選手以外にもテニスプレイヤーやゴルファーでもこの骨折する選手が多いそうです。

ヤクルト・小川投手が有鉤骨鉤骨折・・・有鉤骨(ゆうこうこつ)って一体どこの骨?

まとめ

筋力の強い清宮選手は自分の筋力で右手首にダメージを負ってしまいました。例えるならばパンチの強いボクサーが拳を痛めるのに似ていますね。野球解説者の和田氏も骨折の原因が強い右手の筋力を怪我の原因の一因としています。

清宮の骨折遠因は強い右腕/和田一浩氏分析

間違いなく清宮はこれからのプロ野球界を牽引していく選手です。まだ若いので焦らずに怪我を直して頂きたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました